記事一覧

アイコンかわしま たまき

みゆきさん&ソエさん



私の( 。 )大好きなロールケーキ ~



そこのバームクーヘンも食べてみたかったのです
ありがとうございましたm(_ _)m



幸せ四つでファイトします


ファイル 670-1.jpg



ファイル 670-2.jpg

コメント一覧

19 2013年02月01日(金)23時38分 編集・削除

あぁ〜(‾o‾)
上手そうで良いなぁ〜!

ルパン 2013年02月02日(土)22時11分 編集・削除

本日は色々とありがとうございました。早速、使わせていただきます。
パン屋のとおるさん、ありがとうございました。帰り途中メンチとコロッケ我慢できなく食べてしまいました。美味してやみつきになりそうです、しょっちゅうはこれませんがRINGさんに伺った際、是非また伺わせて頂きます。ピザとかぼちゃのコロッケが気になっていたのですが今回はコロッケとメンチに誘惑されました。

ルパンさん 2013年02月03日(日)12時37分 編集・削除

ありがとうございましたー!
川嶋さんの所に来店した際には寄ってください!
お待ちしてます!(^^)!

今そこにあるケーキ 2013年02月05日(火)02時12分 編集・削除

静けさを越えた暗やみに一人少年はいた…。絶対に開けてはならぬ扉を前に…。そしていつもとは違う少年の構えに時計の針さえも震えていた…。見てはいけない大人のルールを…しかしこらえきれない欲望に助けを求める。この扉の向こうには計り知れない「禁断のロールケーキ」いや違うこれから始まる「真実のロールケーキ」。全てはここから始まる。少年は見たかった…明日の誕生日パーティーの前に。ケーキがあるのか?蝋燭が並ぶ大きなケーキが…本当にあるのか…。少年はこのたった一枚の扉の前で膝をつき暗やみの世界からかすかな光を選択した…「今そこにあるケーキ」それは今そこにあるメモだった… 「箱の上を持ってはだめ!」しかし少年は既に箱の上を抱えながら読んでいた…。ここからはは映画の様なスローモーションが始まる。BGMはまさに【サウンドオブサイレンス】…生まれ初めて見る底が抜けるケーキ。まるで自由を得たスギちゃんが小鳥の様に…転がるケーキは笑いながら走り出す!ついてこれるかい少年!…正にローリング…ケーキがローリング。ローリング…気がつけばそこは【パン屋のとおるさんのロールケーキ】彼だけがこの結末をなんとかしてくれるはず。おめでとう!環さん !次はバームクーヘンで頑張るよ!第2話「ミステリーサークルバームクーヘン」そしてブルー

レッド 2013年02月05日(火)23時41分 編集・削除

久しぶりだな!
ブルー(^^)

勝重 2013年02月05日(火)23時47分 編集・削除

ブルーさん

最高に笑わせてもらいました\(^o^)/

バームクーヘン編、楽しみにしています!

ブルー 2013年02月07日(木)01時11分 編集・削除

お待たせレッド!「夢のタッグマッチ第2章始まる」テーマ【交錯の瞬間】【徳ちゃんと記念撮影】【ラウンドバニーボーイ】【フルスイング清原現る】【乱闘の行方ゴールド江頭250】【探偵物語第15話 脅迫者 バタヤンは眠る!】【第22話】【さらばグローブ】【グッバイ青春】【勝手にブルー】【レッド19ハードボイルドの夜明け】【みんなのゆめ】【お米号で待ち合わせ】【あの日の向日葵】【ライクアローリングストーン】【リング】

今そこにあるケーキ 2013年02月08日(金)00時42分 編集・削除

静けさを越えた暗やみにあの少年は…また…いた…。絶対に開けてはならぬ扉を前に…。そしていつもとは違う少年の構えに時計の針は一段と震えていた…。見てはいけない大人のルールを…許されぬ失敗はあの日を思い出す…。あれから一年…二度とケーキを見る事が無かった日々…坂道を転がりながらロールケーキへと変貌する姿に涙が止まらなかった日々…そして二度とケーキの絵を描いてはいけなかった日々…。今またそこにいる。悔しさと唇を噛み締めて扉の前に膝間付く。そしてその瞬間時計の鐘と共に声が聞こえた…「気を付けろよ少年!そのケーキはちょいと違うぜ〜」時計の針が掠れた声で教えてくれた。時を刻むのに疲れたらしい…。少年は眠る時計の前でかすかな光を選択した…光は少年の瞳を虹色に変え、今そこにあるケーキを照らしている。しかし今だかつて見たことのない穴の空いたケーキがそこにあった…。これは…!噂には聞いた事がある…友達が自慢気に話していた…【バームクーヘン】いやいやいや違う…そんなハイカラとは無縁。しかし渦を巻くケーキはだんだんと少年の目をぐるぐると…ぐるぐると…回して…回して気がつけば妄想非常スイッチを押していた。催眠術の様に。少年は語りかけ

今そこにあるケーキ 2013年02月09日(土)20時51分 編集・削除

もう一人の少年へ語りかける。もう一人の自分へ…。もう一人の自分は自分の様で自分ではなく、呆れ返るほどのギャグの遠吠えにうんざりしていた…。深い眠りに現れるもう一人の自分。いつの日か世界を救う一発芸と赤いグローブを片手に…。決してタオルを投げる事は無かった…。目の前のバームクーヘンが少年達を挑発するかの様に言葉を発した…。「バレ無い様に食べてみな!」…バレ無い様に…。少年はただケーキを見たかっただけだった…夢にみる【今そこにあるケーキ】しかしもう一人の自分はバームクーヘンの謎解きに笑っていた。今そこにいるのは【もう一人の自分】何故か自分ともう一人の自分との駆け引きが始まる。つづく【空飛ぶバームクーヘン】そして今そこにブルー

今そこにあるケーキ 2013年02月18日(月)23時53分 編集・削除

静けさを越えた暗やみに少年達は…向き合っていた…。夢の彼方で鳴り響くレコードを抱えて…【Vertigo】それは巡り廻るもう1つの世界。少年達はその瞬間からバームクーヘンと語り出した…時計仕掛けのバームクーヘンと共に…。「バレ無い様に食べてみな!」それは一つの裏言葉。【裏言葉】もう一人の自分は答えを導きながら笑っていた…。いつの間にか逆の思想に少年のの立場は霞んでいた。「バレ無い様に食べてみな!」その先には計り知れないドラマが…それは夢で語る【時計仕掛けのバームクーヘン】つづく…そしてブルー

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
Eメールを公開してもいい方だけ入力して下さい。
URL
コメント
削除キー
投稿キー
投稿キーには「ring-kawashima」と入力してください。(スパム対策。)